コペンハーゲンでの柔らかな生活。日々感じたこと、思ったこと。
by saocean
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
"Green dot1" Skin
by Animal Skin
ベルリンの壁
あまり歴史を知らない私みたいなおばかちゃんでも、
ベルリンの壁くらいは知ってるぜ。
と思って挑んだベルリン旅行。
実際は色々知らないことの発見が多くて、とても勉強になった。
ちょうど1週間前がベルリンの壁崩壊20周年だったので、
歴史に刻まれた重い記憶が際立っていた。
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)のメモリアル
b0164847_724547.jpg

b0164847_7252557.jpg

上から見るとほとんど同じ高さなのに、
中に入ってみると地面が低くなっていくので、
東京のビル街の真ん中にいるよな圧迫感を覚える。
見た目は同じユダヤ人とドイツ人。
だけど、中身の宗教によって差別をしたナチス。
そんなユダヤ人の悲しい歴史をとてもよく物語っていると思った。
これが壁ののこり。
b0164847_7315780.jpg

今ではEast Side ギャラリーと呼ばれ、各国のアーティストのペインティングを見られる。
この絵は意味深い。ドイツの国旗の上にユダヤの象徴であるイスラエルの国旗。宗教差別の崩壊、そして、自由への第一歩である壁の崩壊を意味する。
この壁の西と東で、人々の生活が180度違ったのがほんの20年前。
信じられないなぁ。
そしてここはCheck Point Charlie。
b0164847_7351851.jpg

ドイツの真ん中に引かれた東と西の境界線がCheck Point Alpha。
そこから東へちょうど101キロ行った所にあるベルリンの西の入り口がCheck Point Brabow。
そしてベルリンの西側から東への関所がCheck Point Charlie。
射殺された東から西へ逃れる人々の数が一番多かった場所。
今では観光名所になっているが、
20数年前の光景を想像するとぞっとする。
ベルリンの壁の跡。
b0164847_7413165.jpg

資本主義と共産主義。
どちらが正しくて、どちらに住む人々が幸せなのかはわからないけど、
今私たちが自由に選択できる世界に住んでいること。
命を奪われる危険のない場所に住んでいること。
に感謝しないといけないなと思った。
帰りのタクシーの運転手さんに、
「あなたは東と西どっち出身なの?」と友達が聞いたときに、
I am from Berlin. Neither from West or East。
といっていたのが印象的だった。
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-11-16 23:14 | Trip
<< 1st anniversary | ページトップ | 11人の珍道中 in Berlin >>