コペンハーゲンでの柔らかな生活。日々感じたこと、思ったこと。
by saocean
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
"Green dot1" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:Trip( 31 )
Top▲ |
Suomi - 自然 2
◆オーロラ
サファリ1日目の夜は、オーロラ探し。
Yukkaと、その日の夜に到着したばかりのイギリス人2人組みと5人で、コテージの前のスロープを登っていく。外に出た瞬間見上げた空には満点の星たち!オーロラが見えなくてもすでに綺麗すぎる。。うっとり。周りに全く光がなく、空気が澄んでいるので、何億もの星が良く見える。
スロープの頂上にある小屋にYukkaが火を灯してくれる。さもなければ、推定マイナス25度の外でたちまち凍えてしまう。
静まり返る真っ暗な森の中。風も無く物音一つしない。空には何光年も前に放った星の光が輝く。
都会では味わうことのできない地球の息吹。
待つこと1時間。奥のほうにぼぉーーっとした白い空が出現。
しばらくすると、、、。あ!オーロラだーーーーーーー!!
テレビや写真で見るようなはっきりした光じゃなかったけど、
確かに、緑の光のカーテンを確認。ゆらゆらと形を変形させながら、1時間以上空をまたたくオーロラ。
私のへぼへぼカメラ&準備不足のおかげで、写真には収められず。
でもこんな感じだった。ネットから拝借。
b0164847_23482581.jpg

次の日の夜も、二人で試しに登ってみたけど、その日は見られず。
Yukkaも、You are lucky...とのんびり口調でいってた。
オーロラを見ることはお母さんの夢の一つ。先に見てしまったけど、今度は一緒に見に行きたい。

◆トナカイそり
2日目の昼は、トナカイファームでトナカイが引くそりに乗りに行くことに。サンタクロース気分。
ぼく、トナカイです。どうも。角は周期的に自然ともげてしまいます。
b0164847_23563623.jpg

ちなみに、野生のトナカイも発見。雪の下の凍った草をもぐもぐ食べていた。
b0164847_23582619.jpg

この日は私たち2人だけだったけど、観光スポット化しているらしいこのファーム。民族衣装で迎えてくれた。前日の夜には日本人の団体客が72人も来ていたらしいと聞いてびっくり!その割には私たちのサファリは2日ともも2人のみ、VIPのようだった。英語だからかな。
b0164847_0261651.jpg

b0164847_012799.jpg

トナカイ君は、ハスキー君たちよりゆっくり。のんびり、寄り道しながら引っ張って行ってくれる。ふさふさのお尻を眺めながら雪原を、森を、走り回る。
b0164847_04384.jpg

途中にははダンディーオーナーさんが焚き火でパンケーキを焼いてくれる。これまたうまい!
b0164847_0163235.jpg

最後は、こんなものをもらえる。
トナカイの運転免許証、5年間有効。
ぜひ5年間のうちにもう一度使いたい(笑)
[PR]
Top▲ | by saocean | 2010-02-21 15:37 | Trip
Suomi-自然 1
4日間はフィンランドの北、北極圏へ。
厳密に言うと、北極圏上のRovaniemiという街から車で1時間くらい南下した森のど真ん中に滞在。
b0164847_3593211.jpg

Lapland Welcome LTD.という会社でサファリを予約。空港からの送迎つき、毎日サファリまでの送り迎い、3泊3食、極寒対応のウェアつきという手取り足取りのプラン。
行ってみて分かったけど、ツアーじゃないと死んでしまうわ、あそこ。毎日マイナス20度以下の極寒環境、各サファリまでは車で1時間の道のり、しかも辺りは同じ景色。個人ではここまで楽しめなかったはず、、。
フィンランド人のYukkaというのーんびーりした、愛想のない(笑)お兄ちゃんがドライバーを担当してくれた。
気温がマイナス20度を下ると、鼻毛とまつげが凍るんだということが分かった070.gif
b0164847_434644.jpg


◆ハスキー 犬ぞり
サファリ一日目は犬ぞり。
僕たち、今にも出発したくて吠えまくり。そわそわしまくり。真っ青な目が少し怖いけれど、しっかりしつけされていて人なつっこい。
b0164847_451834.jpg

6匹のハスキーたちが私たち2人を引っ張ってくれる。これが意外にも速い!一人はそりにすわって、一人は後ろに立つんだけど、カーブのときのコントロールが結構大変。
こんな北極圏の雪深い森の中をぐんぐんと。もちろんオーナーさんが先導してくれている。
b0164847_3531826.jpg

なんかかわいい犬に走らせてしまってかわいそう、って思うかなと予想したけど、もうわんこたちは走りたくて走りたくてどうしょうもないみたいで、それを見たらすんなり楽しめちゃった。
最後はテントの中でぬくぬくとスープをいただく。外からの光が幻想的。
b0164847_3572571.jpg

b0164847_3575457.jpg

キーンと冷たく澄んだ空気。
どっしりと積もった雪。
ハスキーの息づかい。
たまに感じる太陽のぬくもり。
自然の息吹を全身で受け止めた一日。


あーー色々書きたいことがでてきちゃったので、他のことはまた明日。。。
[PR]
Top▲ | by saocean | 2010-02-20 19:38 | Trip
もっともっと北へ
彼は時差ぼけと今日のパーティーの疲れでもはや夢の中、、。
ランチパーティーは大成功!
お弁当メニューが新鮮だったみたい。そりゃ、こっちのイケてるSushi Restaurantでは出てこないようなメニューだもんね。よかったよかった。
後姿になっちゃったけど、こっそりみんなをぱしゃり。
b0164847_452856.jpg

b0164847_4523392.jpg


明日からは、まちにまったフィンランド旅行。
最初の4日をラップランドで、のこりの2日をヘルシンキで過ごす。
ちゃんとオーロラ見れるといいけど、、。
ヘルシンキでも、行きたいところがたくさんあるんだ。
デザインと建築とオーロラの旅。
マイナス20度の極限世界へ行ってきまーす071.gif
[PR]
Top▲ | by saocean | 2010-02-14 20:46 | Trip
師走の日本
只今日本へ一時帰国中。
帰国後一番最初に食べたのは、カツ丼!おいしかったー。
ここ何週間か、カツ丼を食べたくてしょうがなかったから。

今回の一時帰国も、濃いスケジュールで大忙し。
だって、コペンに帰る前に食べ貯め、会い貯め、しなくちゃいけない。
初めてご対面できた、お友達の赤ちゃん。
この間まで一緒に合コン行ってたのに!(笑)もうママなんて、信じられなかったけど、
赤ちゃんにご対面したらもう溶けてしまいそうにかわいかった。
ひとつの命が生まれるって、、すばらしい。
一度も歩いたことのない足が、ぷにゅぷにゅできもちいいのー。
b0164847_17525530.jpg

クリスマスは渋めに温泉。
身体の芯から溶けるこの感覚、コペンの家にはバスタブがないから、幸せをしっかり味わう。
b0164847_1755281.jpg

残りの東京Stayは、来年帰国のための準備のようなもので、
結婚式場の下見にいったり、彼のご両親とお食事したり、新しく引っ越したい地域を散策にいったり、あまり意識はしていなかったけど、着々と計画は進んでいる。
実家の札幌は、毎日こんこんと雪が降っています。
昨日中学校のお友達たちと飲み騒いでぐでんぐでんに酔っ払った後、「もうあるけなーーい」とか言いながらも雪道をしっかり歩いて帰宅。
私の足跡と、奥に見えるのは幼稚園生のころから遊んでいた公園。
こういう景色を見ると、今コペンハーゲンに住んでいることなんて一気に忘れちゃって、
童心にもどる。
b0164847_181837.jpg

親友、はなちゃん。酔っ払い(笑)
b0164847_1821413.jpg

毎回日本に帰ってくると、久しぶり!って会える友達がいて本当に幸せ。
東京でも、札幌でも、みんなに会えてよかった。
今回は、実家の大掃除も手伝えたし(もっとすべき!?だったかも、、。)
家族ともゆっくり時間を過ごせそう。
8時間ほどフライングの北海道神宮へ。お札をいただきに、、、
だって年が明けると混むんだもーん、と母。
なんだかご利益が半減しちゃいそうだけど、
ちゃんとお参りもしてきた。
b0164847_1852072.jpg

今日はベタに、
紅白を見て、
ゆく年くる年をみて、
酔っ払って寝よう。
お正月の実家はいい。幸せな2009年の最後の日。
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-12-31 17:42 | Trip
ベルリンの壁
あまり歴史を知らない私みたいなおばかちゃんでも、
ベルリンの壁くらいは知ってるぜ。
と思って挑んだベルリン旅行。
実際は色々知らないことの発見が多くて、とても勉強になった。
ちょうど1週間前がベルリンの壁崩壊20周年だったので、
歴史に刻まれた重い記憶が際立っていた。
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)のメモリアル
b0164847_724547.jpg

b0164847_7252557.jpg

上から見るとほとんど同じ高さなのに、
中に入ってみると地面が低くなっていくので、
東京のビル街の真ん中にいるよな圧迫感を覚える。
見た目は同じユダヤ人とドイツ人。
だけど、中身の宗教によって差別をしたナチス。
そんなユダヤ人の悲しい歴史をとてもよく物語っていると思った。
これが壁ののこり。
b0164847_7315780.jpg

今ではEast Side ギャラリーと呼ばれ、各国のアーティストのペインティングを見られる。
この絵は意味深い。ドイツの国旗の上にユダヤの象徴であるイスラエルの国旗。宗教差別の崩壊、そして、自由への第一歩である壁の崩壊を意味する。
この壁の西と東で、人々の生活が180度違ったのがほんの20年前。
信じられないなぁ。
そしてここはCheck Point Charlie。
b0164847_7351851.jpg

ドイツの真ん中に引かれた東と西の境界線がCheck Point Alpha。
そこから東へちょうど101キロ行った所にあるベルリンの西の入り口がCheck Point Brabow。
そしてベルリンの西側から東への関所がCheck Point Charlie。
射殺された東から西へ逃れる人々の数が一番多かった場所。
今では観光名所になっているが、
20数年前の光景を想像するとぞっとする。
ベルリンの壁の跡。
b0164847_7413165.jpg

資本主義と共産主義。
どちらが正しくて、どちらに住む人々が幸せなのかはわからないけど、
今私たちが自由に選択できる世界に住んでいること。
命を奪われる危険のない場所に住んでいること。
に感謝しないといけないなと思った。
帰りのタクシーの運転手さんに、
「あなたは東と西どっち出身なの?」と友達が聞いたときに、
I am from Berlin. Neither from West or East。
といっていたのが印象的だった。
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-11-16 23:14 | Trip
11人の珍道中 in Berlin
ベルリン旅行は、結局会社の同期11人!
いやー、団体行動は疲れたけど、楽しかった☆
内訳は、
エジプト、ブラジル、スロベニア、ポーランド、チリ、マレーシア、トルコ、ハンガリー、そして日本人。
b0164847_7562360.jpg

みんな疲れてくると大変なのよー。
ああしたい、こうしたい。特に自己主張が強いキャラクターを集めた同期だからたちが悪い。
こんなわがままな私でも、こういうときは、皆さんが決めたことにAgree!と乗っかるタイプ。
疲れたときは、甘いもの。これは万国共通。
b0164847_7581144.jpg

こんなときに、バシッとまとめてくれたのがエジプト人のカリム。
彼はできた人間で、リーダーシップをとるのがとてもうまい。
さらにとても頭のいい彼は、勉強した歴史や、前に来たことのある経験を使って、
巧みなガイドまでしてくれた。今回はカリムにあっぱれ大賞をあげたい。
なんやかんやいって、
気の置けない同期の友達との珍道中は楽しい。
こうやって、国籍問わず、
素敵な人たちに出会えたことが、この会社に入って一番の収穫だったな。
楽しい旅をありがとーーー!
b0164847_815392.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-11-16 22:53 | Trip
雨ですが、外は気温5度ですが、
ベルリンにいってきまーす029.gif
b0164847_1372399.jpg

11月に入ってから、
チームメートが雨の日カレンダーをつけていて、
雨の日には X マークをつけている。
X じゃなかった日。

1日。

がびーん057.gif
かろうじて出社するときは明るいけど、
そろそろ出社も退社も闇の中+雨+風+寒生活がやってくる。
とりあえず旅行でもして気分あげてかなきゃ071.gif
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-11-13 17:33 | Trip
母娘のイタリア-デンマーク紀行
お母さんは今頃飛行機の上。
楽しかったね。たまに生意気でゴメンだったけど、喧嘩もしなかったし(笑)
とっても幸せな時間をすごすことができました。

もう典型的な観光客で、歩きまくったイタリア。
同じヨーロッパ言えどもこんなに違うものか!イタリアとデンマーク。
何千年も前からそこにある世界遺産に圧倒されたローマ、フィレンツェ、ピサ。
当時の人たちもこの柱や、絵を見ていたのだと思うと感無量。
b0164847_1452849.jpg
b0164847_1462352.jpg
b0164847_1485611.jpg

イタリアがデンマークと一番大きく違うところは、
宗教色の強さかもしれない。
バチカンの影響も大きいのだろうし、
何千年も昔から宗教を中心に発達してきた文化が今でも残っているから、、。
いい勉強になったな。
b0164847_1522593.jpg

b0164847_1525888.jpg

私たちの一番のハイライトは、フィレンツェのドゥオーモ。
b0164847_1573261.jpg

そうそう、冷静と情熱の間で、順成とあおいが再会するドゥオーモのてっぺん。
ヒィヒィいいながら400段以上もある階段を登るお母さん、
「これを登ったら順成が待ってるかもぉ~~」
(笑)いやいや、ないでしょそれは。
なんて息を切らしながらのぼり、そこで待っていた絶景。
b0164847_158388.jpg

たまらん~~~
45分くらい居座ってしまった二人。
よかったね、登れて。

デンマークでもお買い物、観光と満喫。
なんやかんやでたくさん買ってもらっちゃった、、、。出世払いはいつになるのやら。
アンデルセンの街、オーデンセにも初めていけたし、
ハロウィン期間限定オープンのチボリにも。
絶景を楽しめたね(汗)
b0164847_224938.jpg

b0164847_23169.jpg


何よりも一番良かったのは、
久しぶりにお母さんと密な時間を過ごせたことかな。
恋愛の話とか、お父さんとの恋人時代の話とか、将来のこととか、家族のこととか、仕事のこととか。いっぱいお話できたのがうれしかった。
遠くで無事毎日暮らしている様子も見せられたしね。
親孝行になったかはわからないけど、
こうして2人で幸せを共有できたことは、
一生の宝物。
b0164847_263116.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-10-14 18:37 | Trip
母の渡丁
明日お母さんがやってくる。
デンマークって、漢字で"丁抹"で、渡米のように渡丁と書くらしい。。というのを今知ったんだけど。なんか無理やり読んでも"でぇまっ"てなかんじで、しっくりこないわねぇ。

5月に一時帰国した時以来だから、5ヶ月ぶりくらいかな。
9日間の滞在で、イタリアにも一緒に行っちゃう楽しみなスケジュール。
今日は一日大掃除、、日ごろのツケがまわってきていて、かなり大々的な掃除になってしまったぜ。

頑張り屋で、しっかりものかと思いきや、実はけっこう抜けているおちゃめなお母さん。
早くに父を亡くしているので、まぁ、今思えばお母さん、3人の子供を抱え大変な苦労だったなぁ。
なんて、いまさら気がつく馬鹿娘なので、
今回は思いっきり親孝行したい。

とはいいつつ、
いつも二人で旅行すると絶対喧嘩するんだよなぁ。
今回は、喧嘩しない!宣言して楽しみたい。
お母さんもこれ読んでいるから、
後からこの日記読んで、あらあら、なんて思っちゃったりして。

もうコペンハーゲンは最低気温5度あたり。今週末は本当に寒かったー!
一方ローマはまだ20度台。
美味しいお料理、温かい日差し、母とのGirls talk、楽しみだ♪
b0164847_3101928.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-10-04 20:57 | Trip
美味しい出張
やっぱり食べ物はアジアよねー。
ヨーロッパにも美味しいものはたくさんあるけど、
やっぱり、アジアにはかなわない!
具のエッセンスをぎゅっと詰めて、組み合わせて、深い味わいをつくるのがアジア料理だと思う。
舌鼓の思い出です。

まず、出張での初Dinnerはマレーシアでの中華。
華僑が多いマレーシアでは、中華料理も超本格派&激安!
本当に久しぶりに食べた美味しい中華で、感激涙が出そうになり、みなさんに笑われてしまいました。
時間がない中、せっかくだからといって現地の営業さんに連れて行ってもらったのはここ。
伝統料理、バクテ、が一番美味しいという大衆食堂。
b0164847_138356.jpg

お世辞にも綺麗とはいえない場所なんだけど、それがまた味があってよし。
b0164847_146465.jpg

バクテというのは、豚の肉やら内臓やらなにやら何でもいれて、キャベツとキノコと油揚げとぐつぐつ煮込むお鍋料理。味付きライスの上に汁だくにのっけて、辛味とたれと一緒にいただきます。
労働者たちの料理だったようで、パワーも満点。こりゃうまかったわー。

翌日、シンガポールでは同期のお友達たちとChilli Crab。
上海蟹みたいのを甘辛く炒めたもの、あとはバターチリで味付けしたもの。
口も手も、ぐちゃぐちゃになって食べるのがお通です。甲殻類大好きな私はもう舌鼓うちまくり!
翌日は潤君と一緒にチキンライスの有名なお店へ。
ホーカーと呼ばれるシンガポールの大衆食堂にある、有名なお店。
並びましたー。シンプルなのに、何このぎゅっとつまった味!生姜とにんにくが利いていて、暑いシンガポールにはぴったりのお料理でした。
b0164847_1443662.jpg

夜は日本人同期のT君と合流して、台湾の小龍包。
これまた並んだけど、並んだかいあったよー。メンズよりたくさん食べた私でした。
b0164847_1461591.jpg


ニュージーランドでは、、、
おいしいラムと、ニュージーランドワインがよかった。
けど、写真がないので省略。
素敵なレストランだったんだけど、仕事の話中心のお食事だったのでなんだか消化に悪い。。。
ワインはとってもおいしかったです!

というわけで、
アジアで食べ貯めして帰ってきました。
デンマークの食生活が貧相すぎてやせた私としては、
この冬のデンマークを乗り切るために、
お料理に励みます!
あぁそれにしてもアジア、、、また食べ歩きだけしにいきたいーーー!!
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-09-17 18:30 | Trip
| ページトップ |