コペンハーゲンでの柔らかな生活。日々感じたこと、思ったこと。
by saocean
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
Friends
Food
Design
Sports
Nature
Trip
Thinking Thinking..
Work
Movie
未分類
以前の記事
2011年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
パリときどきバブー  f...
プラハなchihua**hua
湘南茅ヶ崎波情報ブログ
フィレンツェ田舎生活便り2
岡村 恭子のデンマークの...
タスマニアで生きる人たち
Der Liebling...
■今日もはれ
身の丈プライスインテリあん。
うひひなまいにち
北欧ヴィンテージ.あ!い...
落ち込んだりもするけど私...
あわじしまっこ、フィレン...
あに☆いもうと
スリーカラーローズ
■おお『空』見よ
海の見える街で暮らしてみれば
バンコク mellow ...
ブログパーツ
検索



その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Green dot1" Skin
by Animal Skin
ベルリンの壁
あまり歴史を知らない私みたいなおばかちゃんでも、
ベルリンの壁くらいは知ってるぜ。
と思って挑んだベルリン旅行。
実際は色々知らないことの発見が多くて、とても勉強になった。
ちょうど1週間前がベルリンの壁崩壊20周年だったので、
歴史に刻まれた重い記憶が際立っていた。
ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)のメモリアル
b0164847_724547.jpg

b0164847_7252557.jpg

上から見るとほとんど同じ高さなのに、
中に入ってみると地面が低くなっていくので、
東京のビル街の真ん中にいるよな圧迫感を覚える。
見た目は同じユダヤ人とドイツ人。
だけど、中身の宗教によって差別をしたナチス。
そんなユダヤ人の悲しい歴史をとてもよく物語っていると思った。
これが壁ののこり。
b0164847_7315780.jpg

今ではEast Side ギャラリーと呼ばれ、各国のアーティストのペインティングを見られる。
この絵は意味深い。ドイツの国旗の上にユダヤの象徴であるイスラエルの国旗。宗教差別の崩壊、そして、自由への第一歩である壁の崩壊を意味する。
この壁の西と東で、人々の生活が180度違ったのがほんの20年前。
信じられないなぁ。
そしてここはCheck Point Charlie。
b0164847_7351851.jpg

ドイツの真ん中に引かれた東と西の境界線がCheck Point Alpha。
そこから東へちょうど101キロ行った所にあるベルリンの西の入り口がCheck Point Brabow。
そしてベルリンの西側から東への関所がCheck Point Charlie。
射殺された東から西へ逃れる人々の数が一番多かった場所。
今では観光名所になっているが、
20数年前の光景を想像するとぞっとする。
ベルリンの壁の跡。
b0164847_7413165.jpg

資本主義と共産主義。
どちらが正しくて、どちらに住む人々が幸せなのかはわからないけど、
今私たちが自由に選択できる世界に住んでいること。
命を奪われる危険のない場所に住んでいること。
に感謝しないといけないなと思った。
帰りのタクシーの運転手さんに、
「あなたは東と西どっち出身なの?」と友達が聞いたときに、
I am from Berlin. Neither from West or East。
といっていたのが印象的だった。
[PR]
Top▲ | by saocean | 2009-11-16 23:14 | Trip
<< 1st anniversary | ページトップ | 11人の珍道中 in Berlin >>